【ten.テン】京丹後市のわが町PR!狛猫神社や懐かしい昭和のアイス間人キャンデー

ten. テン

2019年9月5日かんさい情報ネットten.のコーナー愛するわが町PR!では京都府京丹後市が紹介されました。

おいしい物や美しい場所など京丹後の知られざる魅力はまだまだあるようです。

番組で放送された京丹後の魅力的なスポットや美味しい食べ物のお店についてまとめています。

愛するわが町PR!京都府京丹後市

丹後ちりめん織元 田勇機業株式会社

京丹後市網野町にある田勇機業株式会社では丹後ちりめんのギャラリーを営業されています。

丹後ちりめん最大の特徴は生地の表面に「シボ」という細かな凹凸があること。

この「シボ」を作るためには、材料となる絹糸1mあたり3000回前後の強いねじりを加えることで独特の凹凸が生まれます。

丹後ちりめん一反を作るのに必要な蚕の繭は、なんと3000個

そんな丹後ちりめんは2020年で誕生300年を迎え、その伝統と技術は海外のファッション業界も注目しているのだそうです。

そして田勇機業株式会社さんでは、絹糸の加工技術を生かした女性に大人気の商品を開発。

それは、女性の肌に優しい入浴用の絹のタオル。

★絹の浴用タオル 2,376円(税込)

created by Rinker
田勇機業株式会社
¥2,300 (2019/09/16 20:10:15時点 Amazon調べ-詳細)

生地の凹凸「シボ」によって、肌の汚れを簡単に落とすことができるのだとか。

洗い上りは、さっぱりなのにすべすべに

顔を洗うための洗顔パフも販売されています。

★絹の洗顔パフ 1,188円(税込r)

created by Rinker
田勇機業株式会社
¥1,576 (2019/09/16 20:10:16時点 Amazon調べ-詳細)

金刀比羅神社

京丹後市のパワースポット金刀比羅神社。

全国でも珍しいシンボルが見られるということで全国各地から参拝者が訪れています。

そのシンボルとは、狛犬ならぬ狛猫!

ちょっと他の神社にはみられないめずらしい狛猫を参拝しに全国の猫好きさんが訪れています。

この狛猫の由来は、(かつての)丹後中の農家さんは農繁期に蚕を飼って養蚕業をしており、その養蚕の一番の大敵はネズミでした。

絹糸を生み出す蚕をネズミから守るため、猫をとても大切にしていたことから養蚕家たちによって狛猫が奉納されたのだそうです。

京丹後市に訪れた際には、かわいい狛猫に会いに行ってみるのもいいかもしれません。

京丹後地産食堂 味工房 海鮮ひさみ

近くの港で水揚げされた新鮮な海の幸を頂くことができる「京丹後地産食堂 味工房 海鮮ひさみ

地元の方のみならず観光客にも人気のあるお店で、日本海の景色を眺めながらお食事をすることができます。

★へしこ定食 1,290円(税込)

★京海鮮丼 1,940円(税込)

京海鮮丼は、すぐ近くの間人漁港で水揚げされる魚が日替わりで8~9種類楽しめる海鮮丼

新鮮なお刺身がぷりぷりの弾力!

へしこ定食のへしことは、鯖などを塩漬けした後さらに糠につけ1年ほど熟成させたもの。

こちらのお店のへしこは2~3週間だけ漬け込み仕上げた浅漬けのへしこで、塩辛くないためお子様でも食べることができるのだそう。

鯖のうまみが凝縮され、ご飯がいくらでも食べられる絶品おかずです。

ちなみに、こちらのへしこは地産食堂ひさみのすぐ隣にある「へしこ工房HISAMI」で購入することができます。

間人アイスキャンデー

昔ながらのアイスキャンデーを食べることができるお店「間人アイスキャンデー

昭和の時代から50年以上地元で愛されてきたアイスキャンデー

★ミルク 70円

★あずき・まっちゃ 各90円

★いちご・ブルーベリー 各110円

ここ間人は「間人カニ」が有名で、冬場はカニ鍋のあとにデザートとしてこちらのアイスキャンデーを提供する民宿さんもあるそうです。

アイスキャンデーのほかにもアイスモナカも人気!

★ウズマキモナカ(皮が小麦粉) 100円

★間人モナカ(皮が米粉) 80円

丹後王国「食のみやこ」

西日本最大級の道の駅である丹後王国 食のみやこ

こちらでは海産物にお肉、新鮮な野菜や果物など丹後の食材を存分に楽しめる道の駅。

そんな丹後王国 食のみやこで楽しめるのが巨大ウォータースライダー!

ジャイアントスライダー「The 絶叫」は、高さ11m全長50mとまさにジャイアント。

★ジャイアントスライダー「The 絶叫」 800円(10分間)

とってもスリル満点でひんやりを体験できるアクティビティです。

愛するわが町PR!京都府京丹後市まとめ

京丹後にはまだまだ知られていない観光スポットやおいしい食べ物がたくさんありそうですね!

ドライブや旅行先として一度訪れてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です