【マツコ】心に刺さるおみくじ関西にある神社が5つを紹介されました。

心に刺さるおみくじ

2019年6月11日のマツコの知らない世界では、おみくじの世界が放送されました。

おみくじの世界を紹介してくれたのは、成蹊大学文学部教授の平野多恵さん。

占いが趣味でいろんな分野の占いを試してきたそう。

そして、姓名判断、手相、タロット占い、四柱推命、アガスティアの葉、文鳥など様々な占いをやり続けた結果「おみくじが最強」という結論に。

多くの人が、おみくじの捉え方や解釈の仕方を間違えているらしく、正しくおみくじを解釈することができれば幸運をゲットすることができるかもしれません。

平野多恵さんのプロフィール

名前:平野多恵

年齢:46歳(2019年6月現在)

現在:成蹊大学文学部教授

研究分野:日本文学、中世文学、仏教文学、和歌文学

おみくじのルール

平野さん的おみくじの諸注意

  • おみくじ1回につき占うことは1つ
  • 何回ひいてもよい

何回ひいてもよいですが、占う分野により神様も得手不得手があるので神様の得意なもので占ってもらう方がよいそうです。

例えば、

恋占い → 縁結びの神様

志望校など勉強について → 天神様(勉学の神様)

平野さんは、占いは吉凶に惑わされてはいけない、そもそも見るところを間違えている。と言われており、吉凶ではなく和歌の部分が神様のお告げが出るところなので、そこを自分なりに解釈することが大切なんだそうです。

全国各地の心に刺さるおみくじ

廣田神社

ホタテおみくじやりんごおみくじといった青森の特産物をモチーフにしたご当地おみくじ。

おみくじの文言は津軽弁で書かれています。

書かれているのは伊奈かっぺい先生。

ホタテの殻がかわいいおみくじ。

「運アップル」という品種のりんごをもぎ取るおみくじ。

所在地:〒030-0861 青森県青森市長島2丁目13−5

電話:017-776-7848

東京 ときわ台 天祖神社

こちらの「天祖神社歌占」は、占いを引く前に自分にふさわしい歌をいただけるように呪歌を唱えるというルールがあります。

目をつぶり弓にかかった短冊を一枚取って占います。

古くから和歌は神様がお告げをするときに歌ったと言われており、神様の言霊が宿っていると考えられています。

おみくじの中身は和歌とその解釈が書かれており、現在の自分へのメッセージをよむことができます。

こちらのおみくじの和歌は、ずっとおみくじを作りたいと言っていた平野先生と宮司さんとのご縁があり、成蹊大学の院生と協力して作ったのだそう。

所在地:〒174-0072 東京都板橋区南常盤台2丁目4−3

電話:03-3956-6168

布忍神社

大吉や凶といった占い結果が書かれているのではなく、インパクトのある言葉でのメッセージが斬新な恋みくじ。

この恋みくじは、現代アーティストのイチハラヒロコさんが手掛けており、ハッとするような言葉や心にしみる一言が書かれています。

他にもイチハラヒロコさんの恋みくじを引くことができる神社があります。

2017年1月現在、大阪府松原市の布忍神社、熊本県熊本市中央区の山崎菅原神社、愛知県清須市の清洲山王宮日吉神社、兵庫県神戸市灘区の六甲八幡神社、神奈川県鎌倉市の鎌倉画廊でイチハラヒロコ恋みくじを引くことが出来る。
Wikipediaイチハラヒロコ

所在地: 〒580-0025 大阪府松原市北新町2丁目4−11

電話:072-374-7634

大阪 露天神社(お初天神) 恋みくじ

水に浸すと内容が浮き出てくる占い。

所在地: 〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目5−4

電話:06-6311-0895

大阪 瓢箪山稲荷神社

辻占おみくじは、おみくじ、やきぬき、あぶりだしの3種類が入っています。

やきぬきは、おみくじの真ん中をお線香の火で火をつけ、焼き抜かれ残ったメッセージで占います。

所在地: 〒579-8051 大阪府東大阪市瓢箪山町5 八番一号

電話:072-981-2153

伴林氏神社

萬葉神籤は、とっても大きいおみくじ。

所在地: 〒583-0007 大阪府藤井寺市林3丁目6−30

電話:072-954-5126

京都 安井金比羅宮

縁切り神社で有名である安井金比羅宮。

こちらの縁占いでは、周りとの悪縁度を占うことができます。

私の友人もこちらで、職場の嫌な上司と縁切りをしたところ上司がほかの営業所へ転属になったと言っていました。

なかなか強力なパワーのある神社です。

所在地: 〒605-0823 京都府京都市東山区 松原上ル 下弁天町 70 東大路通り

電話:075-561-5127

辻占判断

大阪瓢箪山稲荷神社では、宮司さんに占っていただける「辻占判断」というものがあります。

昔、昼と夜や道の交差する場所などは、霊魂の行き来する場所と言われ、辻(交差点)に立ち偶然前を通る人物を観察し、願い事が叶うか占っていました。

現在もその占いを行うことができます。

占い方は、

①占いたいことを紙に書く

②辻に立った時に何番目の人物を記憶するのかおみくじを引く

③一人で占場に行き、通行人を観察

④宮司に伝え、宮司が御祈祷をしてお告げを聞いてくれる。

というもの。

「辻占判断」

受付時間:10:00~11:00(午前)

費用:4,000円

※要予約

心に刺さるおみくじまとめ

全国各地、いろいろな楽しいそして有り難い言葉をいただけるおみくじがあることを知りました。

心に迷うことがあったり、悩み事を抱えている方は一度おみくじを引いてみるのもいいかもしれません。

その時は、神様の得意な分野で相談することが秘訣とのことでしたので、よく調べてからおみくじを引きにいかなければいけませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です