【旅ぷら】辛坊さん&田島さんが行く鹿児島県 甑島の旅!Drコトーのモデルになった島。

2019年5月26日のクチコミ新発見!旅ぷらは、鹿児島県の甑島の旅です。

犬猿の中で有名なお二人?!辛坊治郎さんと田島洋子さんがゲスト。

甑島はDrコトー診療所のモデルとなった島でも有名な島。

美しい島で大自然を満喫する甑島のクチコミ旅についてまとめました。

甑島のクチコミ旅

鹿児島県 甑島への行き方は?

関西から甑島への行き方は、新幹線で新大阪から川内まで3時間35分

川内から川内港へは、シャトルバスが使用できます。

川内港から甑島(里港)は高速船で50分です。

自然が生んだ奇跡の絶景「長目の浜」

川内から車で15分の場所に、「長目の浜」があります。

川内駅近くに1人の利用のレンタル電気自動車がありますので、そちらを利用し「長目の浜」へ行くことができます。

甑島の環境保護のため電気自動車が普及しているんだそう。

レンタル電気自動車
1人の利用電気自動車 2時間 1,000円 ※要普通免許

「長目の浜」は甑島一番の化粧地で国定公園に指定されています。

およそ4kmにも及ぶ白い海岸線は日本三景の天橋立に似ています。

海岸の右手は海ですが、左手は3個の池になっています。

鍬池は淡水、貝池は海水、なまこ池は海水で、その秘密は海岸にある石にあるんです。

国の天然記念物「玉石」

海岸沿いに敷き詰められたようにある「玉石」は、長い年月をかけて波が石の角を取りできたもの。

つるつるとしたこの石は国の天然記念物に指定されています。

海岸の先に行くほど石が小さく、海水を通しにくいため淡水の池ができたんだとか。

上甑島の名物料理「じゃこぷー」

長目の浜から少し歩いたところに、「こしきの漁師家 海聖丸」というお店があります。

ご主人が漁師をしており、朝とれた新鮮な魚介をお刺身で食べることができます。

「じゃこぷー」は、鍋料理でじゃこはきびなごの意味。

塩と唐辛子だけで味付けした鍋に、じゃこ(きびなご)を入れてぷーっと浮いてきたら食べごろ。

もともと漁師さんが、寒さをしのぐのに食べた漁師飯。

シンプルな味付けですが、食べ進めていくたびにきびなごのだしが出てどんどんおいしくなるそう。

これだけを目当てに訪れる旅人もいるそうです。

里武家屋敷跡

上甑島の里地区には「里武家屋敷跡」があり、小川氏が統治していたころの名残として残っています。

丸い石を丹念に積み上げられて作られた生け垣は、玉石垣と呼ばれとても見事で風情があり人気の観光スポットです。

下甑島特産「椿油」

下甑島特産「椿油」非加熱製法で作られているため、普通の椿油よりも保湿力が2.5倍もあるんだとか!

そして食用としても食べることができます。

下甑島で取れる「タカエビ」や「イカナゴ」をこの高級椿油でアヒージョにして食べていました。

でも、こんな高級な椿油はやっぱりコスメとして使いたい。

クチコミ新発見!旅ぷらは、鹿児島県の甑島の旅まとめ

甑島というめずらしい名前の島についてはこちらの番組で初めて知りました。

自然豊かな島でここでしか食べることのできないお料理を食べに訪れてみたいです。

甑島旅行ならこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です