【twitter&ブログ企画】私の好きな映画ベスト3

こんにちは~のぶりん@noburin5213です。

以前にも、ていないさんのツイートで参加させていただいたtwitter連動企画。

前回は「2018年よく聞いたお気に入りソング5 #bmusic」でしたが今回は何と!

「私の好きな映画ベスト3」ということでこれは参加せずにいられないと勢い勇んで参加表明をさせていただきました。

好きな映画がありすぎて何を上げたらいいのか迷いに迷い、どれが一番やろ?

どういう基準で選んだらいいのかな?とかなり迷いながら決めました。

そして脳内協議の結果「好きな監督&映画」で書こうということでまとまりましたのでさっそく書かせていただきます!

好きな監督&映画ベスト3

まずは、

第3位 マシュー・ヴォーン監督「キック・アス」

マシュー・ヴォーン監督の主な映画には他にも「キングスマン」「X-MENファーストジェネレーション」「ファンタスティック・フォー」などがありどれも大好きな作品。

アクションシーンが迫力もありめちゃくちゃ楽しいのですが、アクションシーンに合わせる音楽のセンスが素晴らしいです!

特に「キック・アス」のヒットガールの敵をなぎ倒していくシーンは、軽快な音楽と圧倒されるアクションシーンにしびれ何度もおかわりしたくなります。

クロエ・グレース・モレッツちゃん可愛かったなぁ。今はすっかり大人になりましたね。

他にもハリーポッターのホグワーツのみんな大きくなったよねとか言いがちなので自分がいかに歳を取ったかが身にしみてわかります。。。

第2位 クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル」

タランティーノ監督の作品も大好きで「レザボアドッグス」「パルプフィクション」「デスプルーフ」「ジャンゴ」「イングロリアスバスターズ」などたくさん観ました。

タランティーノ監督の映画はグロイシーンが多いので血が苦手な人は観れないかもしれません。

グロイシーンは多いかもしれないけれど、それ以上に選ぶ音楽がカッコいいのと出てくる女優さんが可愛いです。

なかでも「キル・ビル」はタランティーノ監督が好きなものをふんだんに入れ込んだような濃い映画で、漫画みたいな世界観だし、日本のことが好きすぎるので日本のやくざ映画のようなシーンがあったり、アニメ「攻殻機動隊」を作成した日本人スタッフが手掛けたアニメーションが入ったりします。なので嫌いな人は嫌いかもしれないです。

たくさん好きなシーンはあるのですが、印象に残っているのが殺人ナースのシーン。
現実にはアメリカも日本もこんなセクシー看護師のいる病院はないのだけれど、漫画の世界観タランティーノの世界観だからOKなのです!

第1位 デヴィット・フィンチャー監督「ファイトクラブ」

「セブン」「ソーシャルネットワーク」「ゴーン・ガール」これまた好きな作品が多くて悩みましたが、最後に謎が明らかになっていくあたりの伏線の回収がすごいということで「ファイトクラブ」を選びました。
ストーリーも現代人が抱える心の闇といいましょうか「本当の自分とは何か」「今の価値観は本当に自分が見出した価値観なのか」を問うようなストーリーになっています。

他の作品もそうですがデビットフィンチャー監督の映画は映像がとても美しいです。

ちょっと明るさが暗めで間接照明が照らされているような映像が多くあり、独特の世界に引き込まれます。

そしてなんといっても役者さんが個性的!ブラットピットはこの作品が一番カッコいいんじゃないかと思うくらいスタイリッシュです。

エドワードノートンの演技力の高さは以前から有名ですが、ファイトクラブでの演技はまるで違う人が二人演じているかのように演じ分けられています。

また、ヒロインのヘレナ・ボナムワーカーも蓮っ葉な役がとてもお似合いでかっこいいです。(最近は色物役が多いですが)

私の好きな映画ベスト3まとめ

今回はじめて、今まで見た映画でどれが一番好きかを真剣に考えました。

映画作品のみでは絞り切ることができなくて好きな監督さんを選びなんとか順位を決めることができましたが、他にも大好きな映画がたくさんあるのでちょっと不完全燃焼な気がします。

また自分では気が付いていなかったですが、血の出るような暴力的な映画をわりと観てるんだなということに気が付きました。
そして選んだやつもちょっとグロめのシーンが多いような気がします(-_-;)

今回書かなかった映画でもまだまだ大好きな作品がありますので、機会があればまた年代別やジャンル別のベスト3を書いてみたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です