ガンプラオタクの旦那の趣味で模型展示会観に行ってきたよ【高石模型祭り】

こんにちはアラフォー看護師のぶりん@noburin5213です。

旦那さんが所属するプラモデルサークルの展示会があるということで観に行ってきました。

その名も「高石模型祭り」

大阪府高石市で毎年行われている模型イベントです。

関西にある模型サークルや個人でがんばっている方など、たくさんの出展作品を観てきましたので、素人目線ですが感想を書きたいと思います。

「高石模型祭り」感想

会場は南海電鉄高石駅を降りてすぐの「アプラ高石」という建物でスーパーコノミヤの上の市が管理する会場で行われていました。

模型ってこんなにも人が集まるもんなんだとびっくり。

やはり圧倒的に男性が多く、女性は1割くらい居てるかなという感じでした。

戦車の模型

はじめのブースは戦車の模型がずらりとあり、その中に「ガルパン」のキャラクターが乗っていたものがあったのでパシャリ。※「ガルパン」とはアニメ「ガールズパンツァー」の略です。

案内人(旦那)からの説明でセンチュリーという戦車をサークルでテーマとして出展しているらしい。

お題も戦車センチュリーとセンチュリー21にかけたロゴを作成してありました(笑)

「ガールズパンツァー」ジオラマ

またしても「ガルパン」のジオラマ。

小さなフィギュアも全て筆で手塗りしてあり、アニメの世界観が再現されています。

真ん中に西住みほちゃんがいるというのはさすがに私でも分かります。

美少女と〇〇

バイクと美少女とロボットと美少女。かっこいい機械ものと美少女の組み合わせが男心をくすぐる何かがあるのか?

そういえば、車の展示会にもコンパニオンいるし?

この「メカ美少女」系と呼ばれるものは昔からあるそうなんですが、技術が進んでプラモで作れるようになったことで人気が出ているようです。(調べた)
案内人も「作りたいと思ってるねん」と言っており、「あ、そうなん?…。」と返答しときました。

動くフィギュア

アニメ「ガンダムビルドダイバーズ」のガンプラスキャンを再現されています。

製作費と労力がものすごいと思うけれど、再現性がすごくて素直に感動しました。

ゴジラが火を噴いてるすごい!と見ていたら、出展者さんが「これ、加湿器なんですよ~」と教えてくれました。
見た目にも楽しく部屋の加湿もしてくれるなんてすばらしい!

ガンプラyoutuber

何か話しながら動画を取っている人がいるなぁと思っていたら、案内人から「あの人ユーチューバーやで」と教えてもらいました。

吉本プラモデル部というチャンネルで動画をアップされています。

女性模型サークル

「もふもふ帝国」という模型サークルが唯一女性のみの模型サークルだそうで、いつも一定数の男性が集まっていました。ガンプラ女子とかインスタでも見ますが、やっぱり女子は少数なので男性は気になるのかな。

ガンダムの世界を表現したジオラマ

ガンダムと言えば赤い彗星でおなじみのシャアザク。細かいところまで再現されていて、すごく迫力もあります。

光の使い方も計算されつくされている感じ!

とある戦闘シーンのジオラマも

バックから撮ると本物のような躍動感が!
窓の中の人が怖がっている様子もちゃんと再現されています。

人気投票があり、見事1位を取ったのはこちらのブースの作品でした。
うーん、納得!

まとめ

同じ趣味を持った者同士のイベントはみんな楽しそうでいつも羨ましく思います。

観るのは大好きなので立ち止まってみていると、出展者の方が声をかけてくれて作品の見どころを教えてくれたり、こだわって作ったところの説明をしてくださりとても楽しかったです。

残念なのは自分のカメラの腕で、もっと上手に作品を撮影することができたら楽しいだろうし、作品のいいところをもっとうまく引き出して写真に収めることができるのになぁなんて思いました。

ガンプラ作成をしない素人でも十分楽しかったので、また来年も観に行きたいなと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です