【看護師】看護職賠償責任保険って入ったほうがいいの?

こんにちはアラフォー看護師のぶりん@noburin5213です。

看護協会って入っていますか?

新人として入職したときに半強制的に加入させられた方もかなり多いと思います。

幸い?私の病院は希望があればどうぞくらいの勧め方で、上司から入った方がいいよ勧誘がなかったので10年位入らずにいました。

しかし、勤め先の病院の法人が変わり看護部の方針なども変わったため、上司の看護協会への勧誘が強くなり断るのが面倒になってきたため看護協会に加入しました。

しかし「看護協会に入ると看護職賠償責任保険に入れるよ?」という誘い文句があり、保険に入っておいた方が安心だし入ろうかなと思ったのも事実。

ほんとの所、看護協会に入ることが自分にとってメリットがあるのか?と今頃になって気になったので調べてみました。

看護協会に入るメリット

1.さまざまな研修を格安で受けることができる。

 

2.看護研究などに必要な論文検索の使用ができる。

 

3.転職支援サービスを使用できる。

 

4.看護協会の図書館が使用できる。

 

5.看護職賠償責任保険に入れる。

こう見ると結構なメリットがあるように見えます。

しかし、物申すとするならば、

1.については研修は確かに安いけれど人気な研修は抽選で行きたい研修に行けるかどうかわからない。

2.については医中誌などの論文検索サイトの方がいろいろな文献を探すことができる。

3.看護師転職サイトはめちゃくちゃたくさんある。

4.看護協会の図書館?あまり使う必要性を感じない。

5.民間の保険会社でも看護職賠償保険に入れる。

などがあります。ちょっと微妙な感じですね…。

「看護職賠償責任保険」はどんな時に役立つの?

対人賠償


・患者さんの採血で神経損傷してしまった。
・患者さんに間違った薬剤を投与してしまった。

対物賠償


・患者さんの眼鏡を誤って落とし壊れてしまった。
・患者さんの補聴器が落ちていたのを踏んでしまい壊してしまった。

人格権侵害


・患者との会話で、名誉を傷つけられたと訴えられたなどの場合。

このようなケースで訴えられた時に賠償保険が適用されます。

結構ありえる話!やっぱり保険に入っていた方が安心かも。

看護協会、その他民間保険との比較

保険費用

看護協会:17カ月 3,700円 (218円/月)

※看護協会は会員でなければ加入できません。入会金2万円、年会費1万円別途必要です。

Willnext:年間 2,980(249円/月)

株式会社メディカル保険:年間 5,640円 (470円/月)

株式会社イースウェル:年間 3,340円  (278円/月)

株式会社エージェント:年間 4,780円 (398円/月)

月々の保険料はどこも払えそうな料金。補償内容で保険を選ばなければいけません。

補償内容の違い

対人事故

看護協会:5,000万円

株式会社メディカル保険:5,000万円

株式会社イースウェル:1億円

株式会社エージェント:1億円

その他の賠償の保証も会社ごと異なります。

まとめ

看護協会に入るメリットのひとつに「看護職賠償責任保険」の加入がありますが、それだけをメリットと感じて看護協会に加入するにはよく考えてみた方が良いかもしれません。

民間企業の「看護職賠償責任保険」も値段はお手頃で補償内容も充実していますので自分の納得のいくものを選ぶことが大切です。

看護師の仕事は患者さんの体を侵襲するような処置も置く、薬剤を投与するなど責任の多い仕事が多いです。
医療ミスは起こしたくて起こすものではありませんが、もしもの時に自分の身を守るため保険に加入しておくことは必要であると思います。


看護師ランキング
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です