【映画感想】アイ・フィール・プリティ ネタバレあり美女になれたら人生ちょろい?

こんにちはアラフォー看護師のぶりん@noburin5213です。

今日はお休みだったので「アイ・フィール・プリティ」という映画を観てきました。

ルックスに自信のなかった女性がある日自分の望んだ絶世の美女に変身したと思い込むことからポジティブになっていき仕事や恋に全力で取り込んでいく…。

さえない女性のサクセスストーリーかぁなんか展開読めそうだけど元気になれそうかなってことで観に行ってきました。

あらすじ

レネー・ベネット(エイミー・シューマー)は、ぽっちゃりでサエない容姿を気にして、自分に自信が持てない。高級コスメ会社リリー・ルクレアのオンライン部門に勤めているが、美しい社員たちが勤める華やかな本社ではなく、チャイナタウンの地下の小部屋においやられ、サエない毎日を送っていた。
ある日、レネーは一念発起し、痩せるためジムに通い始める。しかし、トレーニング中にバイクから転落!その勢いで頭を強打し、失神してしまう。目が覚めたとき、レネーは自分の異変に気づく。なんと絶世の美女に変身していたのだ。しかし、それはレネーの思い込みであり、実際は何一つ変わっていなかった―。

アイフィールプリティ公式

監 督

監督は「25年目のキス」「そんな彼なら捨てちゃえば?」をコンビで脚本を手掛けてきたアビー・コーン マーク・シルヴァースタイン。

女性が共感できる作品を手掛けてきただけあって、今作品も女性の心をがっちり掴むような内容となっています。

なので、脚本が女性と男性の共同執筆というのも驚きました。どちらかというと男性にはあまり共感を呼ばないような内容だと思いましたので。

後のインタビューでマーク・シルヴァースタインがヒロインの恋人であるイーサンは自身を似ているところがあると言っていました。
イーサンはどこか不安があり自信の持てないというキャラクターでいわゆる男らしさには少しかけています。そういう男らしさにかけるというところが女性の用容姿へのコンプレックスと共感できる部分があるのかなと感じました。

キャスト

主人公のレネー・ベネットを演じるのは、2015年にヒットした彼女自身が脚本監督を手掛けた「エイミーエイミーエイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方」エイミー・シューマーです。

ビキニコンテストのダンスシーンは彼女のアドリブらしく、さすがアメリカを代表するコメディエンヌ!と納得できました。

主人公の勤める会社のCEO役を演じたのは、「マリリン7日間の恋」のマリリン役でアカデミー主演女優賞を受賞したミシェル・ウィリアムズ。

声にコンプレックスのある役でかん高い声でお嬢様CEOを見事に演じています。

 

レニーと同じジムに通う美女は「ゴーン・ガール」に出演していたエミリー・ラタコウスキー。
ゴーンガールでは浮気相手役をしてましたね。

View this post on Instagram

Weekend Dreamz ✨

A post shared by Emily Ratajkowski (@emrata) on

実は、インスタフォローをしていまして、いつも惜しげもなく肉体美を披露してくれています。

 

エイミーの恋人役イーサンを演じたのはコメディショーで活躍し2011年に「Dead Monkey」で俳優デビューしたロリー・スコヴェル。
控え目だけどレニーを見守る包容力がとっても魅力的で素敵。


以下ネタバレ

 ↓

 

感想

生きていると嫌でも感じる美人との格差

薬局で同じジムの美女と出会うのですが、薬局という日常的な場所でも美女はモテを発揮してしまう。
レニーというと従業員に間違われる始末。
ジムでレニーがエアロバイクから転倒した時も、転倒したレニーを横目に美女に大丈夫?と声をかける男性が。美女全然関係ないやん…。男ってやつは万国共通美女しか見てないとため息が出た。

レニー覚醒!

ジムで転倒し気を失ったレニーは意識を取り戻すとパーフェクトボディの絶世の美女に変身していると思い込みます。
ここでレニーの鏡に映ってる姿が美女だったりするのかなと思いきや、レニーのまんまでレニーがどんな見え方しているのかは分からないままです。
しかし、そのままのレニーの姿しか分からないので、レニーの周りの人の「何言ってるんだ?こいつ」みたいな感覚がより一層分かり、演出上ねらってそうしているのかなと思いました。

自信は人をポジティブにする

ルックスに自信を持ったレニーはやりたかった仕事に着くために面接にいったり、男性にも積極的に話しかけることができるようになります。
そのおかげで、ニューヨークの5番街で働くこともでき彼氏までゲットン!しちゃいます。
行動力は人生を左右するものだなと思います。

彼との初デート

自信のあるレニーは、初めてのデートでも素の自分をどんどん見せていき(相手の分のホットドックまで食べてしまったり)見てるこちらも素直な自分を見せている女の子ってかわいいなって思いました。

圧巻だったのが、偶然出くわしたビキニ大会に参加したレニーが観客の前で行ったパフォーマンス。
わがままボディで切れのあるセクシーダンスで観客を魅了。
とてもアドリブとは思えない演出で会場も大盛り上がりでした。

この夜、イーサンと結ばれるのですが、セックス中にレニーが鏡に映る美しい自分の姿を見ているのをイーサンが見て「なんてエロい!」って言ってたんですがこれも万国共通そういうものなんですか?

魔法は解けてしまうもの

会社SEOのエイヴリーのセクシーイケメン弟に口説かれそうになり、正気を失いかけたレニーはガラスに思い切りぶつかり意識消失。目覚めると美女の魔法(自分にだけそう見える)は解けてしまう。

美女の魔法が解けたレニーは自分の自信を失ってしまい、エイブリーから頼まれたプレゼンも投げ出、彼氏のイーサンとも顔を合わせることができず(レニーは美女じゃなくなったと思っているので)別れてしまいます。親友にも美女になったおごりから愛想つかされていたため絶交されてしまいどん底に。

もう一度奇跡をおこす

再び奇跡を起こすためジムに赴きマウンテンバイクに乗るが…。

奇跡は起こりませんでした~ そりゃそうだ。

しかしジムで例の美女と再会します。美女は彼氏に振られたと泣いていました。
美女でも降られることがあるの?信じられないと素でびっくりするレニー ←デリカシーない
そして美女が自分がエイヴリーに頼まれていた仕事のモデルをするかもしれないことを聞いてしまします。いや、普通の女が欲しがる化粧品のPRなんだから美女がモデルじゃ意味がないんだよ!と仕事の使命感を取り戻します。

イベント乗っ取り

このままじゃ、この仕事の企画はうまくいかないとイベント乗っ取りを企てます。
技術屋の元同僚を巻き込んで協力させ会場の電気を落とし、会場を乗っ取ることに成功!
普通の女の子が輝ける化粧品をと力説。イベントは奇跡的に(?)大成功をおさめます。
このイベントでのレニーの語りでは泣いてしまいました。容姿で判断される女の子の気持ちや本来あった自信を周りからの評価でなくしてしまうことについて語られ女性なら共感する所が多いと思います。

もちろんハッピーエンド

美女に変身していたと思っていたけどそうでなかったことに気が付いたレニーはもう一度話し合いにイーサンのもとを訪れます。
イーサンは今までのことを謝るレニーを抱きしめ、鼻をほじっていたためついていた鼻くそもそっととってあげ「世界一綺麗だよ」と言ってキスをしてします。
いや、どんだけいい人なのイーサン!こんな素敵な人に巡り合えたら美人なんかより幸せですね。

個人的な見どころ

 

レニーの衣装がすごくかわいくて素敵でした!ぽっちゃりしていてもキュートに決まっていてファッションを見るのも楽しい映画だと思います。
あと、ナオミ・キャンベル出演していました。昔、某歌手とコラボしていましたね、若い方は知らないと思いますが。あいかわらずお綺麗でした~。


看護師ランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です