透析室で働く看護師の仕事内容は?透析看護師の1日の仕事の流れ

こんにちはアラフォー看護師のぶりん@noburin5213です。

透析の看護師ってどんな仕事なの?

機械を触らないといけないしなんか難しそう。

興味はあるけどなんだか特殊な感じがして敷居を高く感じている看護師さんもいらっしゃるかもしれません。

そんなちょっと透析は難しいのかな?と疑問を持っている看護師さんに透析看護師のお仕事について、私が実際に働いていた経験をもとに透析室での仕事内容と1日の仕事の流れについてお伝えしたいと思います。

透析看護師の仕事内容とは?

基本的に毎日ルーティンワークで同じことの繰り返しです。

❶患者さんの体重を測定し、その日の除水量を計算する

❷シャントに穿刺し、透析装置につなぐ

❸1時間ごとにバイタル測定

❹透析が終了したら回路内の血液を体に返して抜針

❺体重測定をして終了

これを1日に午前・午後に分けて2クールまたは午前と夕方からの2クール行います。クリニックによっては3クール行うところや日勤のみで1クールのみの所もあるようです。

基本ルーティンワークですがもちろん急変などもありますし、いつも透析中に血圧が下がる患者には下がってきたタイミングで食塩水を注入したり血圧が下がりすぎないように血圧を上昇させる内服薬を飲んでもらったりすることもあります。

シャント穿刺をして透析装置につないだ後は、1時間ごとのバイタル測定や回診などがありますが透析が終了する3~4時間患者さんは寝ているだけのことが多いです。

透析を開始する時間と透析が終了する時間は業務が集中して忙しい時間ですが、透析装置を回している間はわりとゆっくりした時間となりますので、病棟などに比べると体力的にはかなり楽と言えると思います。

透析の看護師の1日の流れ

クリニックや病院によって業務の流れや時間は違うと思いますが、私が働いていた透析病院の例をタイムスケジュールで紹介します。

  • 7:30
    早出業務
    透析装置に透析回路をセッティングする
  • 8:30
    日勤出勤
    朝礼、申し送りを行う
  • 8:40
    シャント穿刺開始
    透析装置を回し始める
  • 9:10
    透析設定、回路をチェック
    除水量、透析時間、回路の不具合がないかダブルチェックする
  • 9:45
    バイタル測定
    透析1時間目のバイタルを測定する
  • 10:30
    医師の回診
    患者さんのベッドを回って医師が診察を行う
  • 10:45
    バイタル測定
    透析2時間目のバイタル測定
  • 11:00
    フットケア
    足のチェックや必要に応じて処置、爪切りを行う
  • 11:00
    お昼休憩
    スタッフが交代して昼休憩をとる
  • 11:45
    バイタル測定
    透析3時間目のバイタル測定
  • 12:00
    午前透析終了
    随時透析終了者から回路の血液を返血し抜針止血を行う
  • 13:00頃
    体重チェック
    全員の透析が終了したら除水量と最終体重に誤差がないかチェックする
  • 14:00
    午後透析スタート
    透析2クール目開始
  • 16:00
    早出勤務者退勤
     
  • 17:00
    日勤が退勤
    必要事項は遅出勤務者へ申し送り
  • 18:00
    午後透析終了
    随時透析終了者から回路の血液を返血し抜針止血を行う
  • 18:30
    体重チェック
    除水量と最終体重に誤差がないかチェックする
  • 19:00
    遅出勤務者退勤
    体重チェック中に手の空いてるスタッフが後片付けし退勤

私は日勤勤務を希望していたため、早出と遅出の日はあったものの夜遅くまでの勤務はありませんでした。違う部署では仕事帰りに透析を行う人のために16時から透析開始し23時まで勤務を行う準夜勤務もありました。

家庭との両立を優先したい人は日勤のみ、お金を稼ぎたい人は準夜勤手当がつく準夜勤を希望していました。

ライフワークバランスがとりやすい

病棟と違い緊急入院や容体の急変などがほとんどないため、ほぼ毎日定時に帰ることができます。トイレ介助やおむつ交換もほぼないため病棟と比べると体力的に楽です。

また、休みの希望も聞いてもらえることが多く私の働いていた透析病院では有給休暇はほぼ100%消化していました。

定時に帰ることができるため子育て中のママさんナースやもしくはママさんから卒業したベテランナースが多いので、子供が熱を出したときなどはしょうがないということを分かってくれ子供が病気の時に休みやすかったです。

まとめ

透析看護師のお仕事はルーティンワークですが、透析を安全に受けていただくためのシステムができているといえます。

透析の機械についても始めは苦手意識が出るかと思いますが、毎日毎日同じことをするわけですから1か月もあれば嫌でも覚えることができます。

メリットデメリットはありますが、ワークライフバランスが取れるというメリットはとても大きなメリットだと思います。

透析看護師の1日何となく想像がつきましたでしょうか?透析ナースは働きやすい職場だと思います!


看護師ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です