看護師の人間関係いじめやパワハラの原因と対処法

こんにちはアラフォー看護師のぶりん@noburin5213です。

看護師の悩みで一番多いといわれているのが「人間関係」

特に新人看護師中途採用の看護師いじめのターゲットにされやすいのは事実です。

10数年前の私も病棟で新人として入った当初は当たりの強い先輩ナースやベテランナースが恐くて誰がリーダーなのか夜勤のメンバーにあの人がいてないかといつもおびえていました。

あー、今月3回もあの先輩ナースと夜勤一緒だわ

どうして看護師の人間関係は悪いのでしょうか?いじめやパワハラの原因、先輩ナースやベテランナースの特徴とその対処法についてお伝えします。

看護師の人間関係が悪い原因

業務量が多く余裕がない

とにかく業務量が多く忙しいので他人にかまっている暇がない

新人さんや中途さんに教える時間は業務をこなす時間を減らしてしまうので、できれば関わりたくないと思ってしまうのかもしれません。

新人看護師にゆっくり優しく教える余裕がないのが現状でしょう

身体的・精神的にストレスが多い

病棟看護師の業務は日常生活の援助から生命に影響のある薬の投与まで幅広く、身体的にも精神的にとてもストレスがかかります

患者は高齢者が多く日常生活の動作が一人でできる患者は少ないため、トイレ介助や清拭などで患者を抱えたり、頻繁なナースコールで走り回っているため体力を消耗します

そんな中持続点滴を更新したり、内服をさせたりするため看護師は常に緊張しています

過剰な指導になりやすい

生命にかかわる仕事のためミスは許されないというプレッシャーが強く、その特性から新人看護師への行き過ぎた指導があっても許される空気があります。

それを利用し新人看護師に指導という名のもとに高圧的にものを言う先輩ナースやベテランナースが存在します。

いじめを受けやすいタイプの人

自信がなくおどおどしている

何か質問をしたり尋ねられた時に自信のなさからはっきりと返答できないでいると、さらに追い詰めるようかのごとく質問ぜめにあいます。

新人看護師は経験がないため自信がないのは当たり前ですが、必要以上におどおどする必要はなく分かることを分かる範囲で返答し、分からないことは「分からないので教えてください」とさわやかに伝えましょう。おどおどしていると攻撃されやすいです

声が小さくリアクションが薄い

先輩ナースやベテランナースから指導を受けた時に声が小さかったり、「はい、わかりました。」と表情をあまり変えずに答えているあの子ほんとにやる気あるのか?と思われいじめのターゲットとなる可能性があります。

はっきりと「ありがとうございます!」「勉強になりました!」と少しオーバーに言いましょう。

同じミスを繰り返す

仕事に慣れなていない新人看護師がミスが多いのは仕方がない部分もありますが、何度も同じことで注意されているとあの子は仕事ができないというレッテルを張られ陰口の対象になります。注意を受けた内容はメモに書きだし業務前に読んでおくなどの工夫をしましょう。

業務内容の必要性を理解していない

仕事にいっぱいいっぱいのうちは仕事一つ一つの意味を考える余裕がありません。しかしただ仕事をこなすだけで何のために行うのかを考えないで仕事をしているとその重要性がわからず抜けやミスにつながります。考えて仕事をしていないというレッテルを張られ影口を言われることになります。

しかしこれらは自分で意識をして取り組めば改善することができ、いじめやパワハラを回避させることが可能です。ターゲットになる前に以上の点を見直してみるといいかもしれません。

意地悪なベテランナースや先輩ナースの特徴

ちょっとしたミスのあら探しする

新人看護師の仕事をいつも細かくチェックしていて、できていないところを見つけるとお重の隅をつつくように指摘してきます。

相手をできていない部分を指摘することで優越感を感じ快感を得ているタイプか自分に自信がないため指摘することによって優位に立ちたい心理を持っている場合があります。

たいしたことじゃないじゃん!うぜ~

こんなしょうもないことをいちいち指摘してきて暇なんか?!と思っても顔に出してはいけません。あー、失敗したなって顔をしておきましょう。刺激しては余計に拍車がかかるだけです。

また指摘を受けるのが嫌だから神経質になんでも完璧にしようとする心が疲弊してしまいます。

言われる前に物品補充を必ずしておくとか記録忘れがないか入念にチェックするなど必要以上に気にすることはありません。

指摘してくる内容が重要であるかそうでないか自分で判断し重要性をそれほど感じないものであればスルーする力をつけましょう。(落ち込んでいる風の演技はしてくださいね)

馬鹿にしてくる

「こんなことも分からないの?」「そんなことも知らないの?」平気でこんなことを言うベテランナースっていますよね。

わたしは看護師になる前は普通の会社に勤めていたので社会人が新人とは言え同僚にこんな言い方するの?と傷つくより先にとても驚いたことを覚えています。

えっ?!そんな言い方する?!

「ここはこういう風にしてください」「これはこちらを参考にするといいですよ」と言ってくれれば知識不足を反省して勉強しようと思えるのになと今でも思います。

しかしこれもスルー力を発揮しましょう。恥をかかされたと感じて感情的になっても意味はありません。ここが分かっていなかったな、これは知らないことだったなと思えるようになれば自己成長することができます。

業務を押し付けてくる

ただでさえ自分の業務で手がいっぱいなのに「〇〇さんこれお願いね。」のひとことで仕事を振ってくるベテランナースもいます。

新人看護師は立場が弱いため断れないだろうと分かっていて仕事を振ってきている可能性が高いです。「できません。」というと人間関係がギクシャクしてしまう可能性が高いため、あまりにひどい場合は上司に相談しましょう。

辞めてもいいと考え逃げる準備をしておく

無理して働くことで精神的追い詰められうつ病になってしまっては元も子もありません。「逃げるは恥だが役に立つ」というテレビドラマが流行りましたが、辞める準備をしておくと精神的にかなり楽になります。自身のメンタルが壊れてしまう前に転職してしまうことも選択の視野に入れておくことをお勧めします。


看護師ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です