准看護師から正看護師になるとどんなメリットがあるの?

こんにちはアラフォー看護師のぶりん@noburin5213です。

私は准看護師として10年臨床経験積み、看護通信教育課で2年間勉強して国家試験を受け正看護師になりました。

通信教育といえどフルタイムで働きながらレポート課題を提出したり、テスト期間もお仕事をしながら乗り切らなくてはいけません

かなりのハードワークで、こんなに頑張ってまで正看護師の免許を取らなくちゃいけないの?と何度も思いました。

准看でも働けてるんだからべつに正看にならなくてもいいよね

なのでぶっちゃけ准看護師から正看護師になってどんなメリットがあったの?という疑問にお応えしてみたいと思います。

准看護師と正看護師って何が違うの?

定義はご存知の通り「保健師助産師看護師法」に書かれています。

第6条:この法律において「准看護師」とは、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定することを行うことを業とする者をいう。

でもやってる業務同じじゃん!むしろ経験の多い准看護師の方がよく働いてるよ!ていう声もあるあるなんですが、法律で決められていることなのでどんなに年下の正看護師さんでも看護師の指示のもととなるわけです。

そして病院が最も気にしているのが施設基準です。施設基準を満たしていないと入院基本料の加算や特定入院料を診療報酬としてもらえないからです。

施設基準の中に看護師の配置人数が決められており、看護師が配置人数に足りていないと准看護師が何人いようが施設基準を満たせないため診療報酬がもらえません。そのため特に大きな病院ではできれば正看護師を雇用したいと考えます。

お給料の違い

病院、施設によってお給料は全く違うと思いますが、資格の違いだけでいうと月2万~5万くらいの差があるようです。

ちなみに私の病院では准看護師から正看護師になった後のお給料は資格手当だけでいうと+¥25,500でした。

しかし基本給が-¥7,500減給されていたのでどういうことか人事課へ問い合わせてみると准看護師から正看護師になったことで正看護師として1年目ということになり基本給はリセットされたようです。(なんじゃそら~)

准看護師のときの給料明細

正看護師になった後の給料明細

あんなに頑張って正看護師免許取ったのに思ったよりお給料上がらなかった

私の病院の場合なのでお給料が少ないですが、通信制看護学校の同級生の中には+¥30,000お給料が上がったと言っていた同級生もいました。

准看護師と正看護師就職先の違い

大学病院や国立病院では准看護師を採用していないところも多いので正看護師免許を取れば大きな病院で常勤として雇用される可能性が格段に上がります。

クリニックでも看護師のみを募集しているところがあるので就職先を選ぶ範囲が広がるのは間違いありません。

准看護師から正看護師になった気持ちの違い

それは何といっても看護師から「准」が取れたことです。勤務表を見ると自分の名前のところにある「准」の文字。

別に他のスタッフと同じ業務をしているのでそれほど気にしているわけではなかったんですが、少し気になるというかどこかもやっとした気持ちではいました。

そのもやっとが「准」の文字とともに取れたことはとてもうれしかったです。

まとめ

正看護師免許を取って感じるメリットは

  1. (病院により差はあるが)お給料が上がった。
  2. 就職先の選ぶ範囲が広がった。
  3. 准看護師の「准」がとれてスッキリした。

でした。

何よりがんばって手に入れた資格は自分の自信になります。キャリアアップすることに興味がなくても一生看護師をしていくのであれば取って損はない資格です。これからの将来一生現役の時代が近づいていますので、正看護師の免許は今後老後にも役に立つ資格だと思います。


看護師ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です